分譲住宅とは

草原の一戸建て

分譲住宅とは、購入することで所有権を得ることができる住宅のことです。賃貸住宅のように、一定期間のみ住まうことができる住宅ではありません。分譲住宅は、所有権を持ち続けている間はずっと、住み続けることができるのです。

そして住宅をどのように使うかは、所有者の自由です。自身が住むことができるのはもちろん、仕事場として使うこともできますし、人に貸し出すこともできます。そして不要になれば、売却することも可能です。

分譲マンションのメリット
分譲住宅には、マンションと一戸建て住宅とがあります。分譲マンションと分譲一戸建て住宅には、それぞれ良さがあります。

まず分譲マンションの良さは、土地の持ち分が少ないため、購入時の費用が分譲一戸建て住宅よりも安いという点です。毎年支払わなければならない固定資産税も、土地に関しては分譲一戸建て住宅よりも安くなります。

さらに立地も、駅や買い物施設や病院などの近辺が選ばれていることが多いです。つまり生活しやすいというメリットもあるのです。

分譲一戸建て住宅のメリット
そして分譲一戸建て住宅は、土地を高く売却できる点がメリットです。建物は年々劣化していくので評価額が下がりますが、土地の評価額は極端には下がりません。つまり購入後数十年経過しても、相場が大きく変動しない限りは、購入時と同じくらいの値段で売却できるのです。

また建物に関しても、リフォームやリノベーションを自由におこなうことができます。建物全体を建て替えることすら可能です。
このようにそれぞれの分譲住宅には、大きなメリットがあるのです。

趣味を追求

白いリビングフロア

自分のマイホームは、誰しも憧れますね。

一戸建て住宅は、思うがままに自分達でカスタマイズできるのはもちろんですが、マンションに比べ床面積や収納が広くとれるので、趣味の品々も置いて置くことができます。

また、楽器などの音もマンションに比べて心配が少ないですね。
バイクが趣味の方はガレージをつけてメンテナンスにこだわりのスペースを作る方も多いですね。
また、一戸建て最大の魅力は庭のスペースです。ガーデニングでハーブや野菜を栽培して自分だけの箱庭を作ったり、無農薬の野菜を堪能するのも楽しいですね。

マンションは売却も可能
マンションで有り難いのは、一戸建てに比べて売却が比較的しやすいところです。

今、新築住宅の価格が安くなっているため、中古住宅の需要は減り、中古住宅の価格は驚く程下がっており、なかなか買い手は見つかりにくくなっています。

また、マンションで有り難いのは、戸建てでいろいろ手の掛かるメンテナンスが管理組合などでやってもらえるので、管理に手をかける必要がありません。
また、駅に近いなど好立地な住まいがお手頃価格で手にする事ができます。

分譲住宅でゆったり子育て
今、一戸建て住宅で多いのが分譲住宅です。
分譲住宅での買い手は、同世代の家族が多く、また、同じ時期に住み始めているので、何ら気兼ねなくご近所付き合いも楽しめそうですね。  

また、分譲住宅などは、家の前が私道となっている場合が多く、道路の通行が少なく育ちざかりのお子さんを育てるかたには、安心、安全でゆったり子育てが楽しめそうですね。
ご近所のママ友達を誘って子どもたちと一緒にお庭で、バーベキューやプールなどを楽しんだりと、優雅な雰囲気に憧れますね。

オススメリンク

カレンダー

2014年10月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ